北海道旅行2001

今回の北海道旅行を終えて・・・・・雑感

北海道旅行 TOPへ 

北海道旅行・観光


道北が一番私のイメージする北海道に合っており今回の旅行ではベストであった。
これはカミさんも同じ意見であった。(同じ九州出身って事もあってかな・・)

 広大な未開発の原生林、広大な大地、果てが見えない何処までもまっすぐな道路、広大な牧場。
これらは北海道に住まわれてらっしゃる方にとっては何も珍しいものでは無いと思うが、少なくともこのような光景は北海道以外では、私は今まで見たことがない。 これらはとても新鮮であり感動した。

 西海岸側からクッシャロ湖へ抜けるR138沿いの牧場風景もなかなか良かった。
小樽〜石狩〜留萌〜苫前〜羽幌〜天塩への海岸線沿い道路オロロンライン等は途中巨大な風力発電所群、左の海岸線、強い海風、昔ニシン漁港町として栄えた所辺りも通過する。
この辺りの光景も良かった。夏は快適であるが、冬はかなり厳しい自然との戦い、気候なのだろうな・・と想像。

 富良野は観光地であり、TOPシーズンは 道は渋滞、ラベンダーの名所は駐車場も満車、停められずに車の中から雰囲気だけ・・なんて事もあると聞いた。
この時期に行き、じっくり見れたのはとても幸せだったのかも知れない。
麓郷の森の富良野ジャム園横を通過して一番奥手にある展望台辺りを私はお薦めする。
この辺りは大型バスも入ってこれない為か、観光客も少なく、とても雰囲気があって良い。
八幡丘辺りの光景も富良野のイメージであり良い。(北の国からを見すぎたか・・・)
ただし近くにあるゴルフ場には興醒めだ、バブルの頃作ったのだろうか? あんなもの何で作ったのだろう・・?
富良野等では観光客の多いところは、朝一かもしくは夕刻をお薦めします。
 
 観光地化されて少しガッカリした 富良野でした。

釧路湿原あたりは今一つであった、あまりに広大でポイントが絞れず、また、全体像を見られるポイントを探しきれなかったってのもあるかも知れない。

 熱気球で是非空から見たかったのだが、あいにく熱気球での観光は7月からとの事で断念した。

函館は一度行けばいいかな〜と言う世界、私の中ではあまりめぼしいものは無かった。
港町、地形的にも、歴史的にもどことなく長崎に似ていたので新鮮味にかけていたからかも知れない。

夜景が雲に阻まれ見れなかったのがとても残念であった。


北海道での泊まり


キャンプ場は安い、関東だとオートキャンプ場だと5,000円はするが、1,200〜3,000円程度である。
バンガローの安さにも驚いた。
天塩鏡沼海浜公園キャンプ場のサイト型バンガローはAC電源も使え5名はゆうに泊れそうな施設で2,030円、安い!お薦め。
無料のキャンプ場にも二泊した、地元のライオンズクラブの方の出資で経営されている所だったが、施設も綺麗で実にありがたかった。
地元の?常連さんの様な方がいらっしゃった(^^) 
ペンションは二泊、ホテル一泊、民宿一泊したが、どこも強力にお薦めする程では無かった・・ やっぱ北海道はキャンプがいいね!



北海道コンビニ事情


道北は、コンビニも少ない、郊外部では数十キロ走るなんてのもあたり前、その中でも関東には無いフェニックス(不死鳥)の様なロゴのセイコマートというコンビニが目についた。セブンイレブンとかローソンとかは市の中心部にしか無い。
クーラーBOX用にと板氷を探したが、おいている店が無いのは残念であった。
涼しいので板氷の需要も少ないのだろうなと納得。



北海道の温泉


噂どおり、いたるところに日帰りで入れる温泉がある、相場500円かな・・



北海道の食


小樽の一心太助はどれも新鮮で最高に美味くリーズナブル。中でもボタンえびの美味しい事!

厚岸(あっけし)の牡蠣は美味かった!殻の大きさに等しい位の身が入っておりプリプリしている。
道の駅に併設した施設で炭火で焼いて食べれる(牡蠣一ケ120円)あ〜もっと食べておけば良かったと思う位美味かった!
以外に美味かったのがココで食べた 牛さがり肉、やわらかい霜降り高級ステーキ肉よりも美味。安いしお薦め。

積丹の うに は絶品であった、6月後半から8月中旬位迄に行くなら是非味わって欲しい。
少々高いけど、めったに行かない北海道、少し贅沢をして、その日水揚げされたのを是非味わってみて下さい。
甘くてほほがとろけそうです。(関東に来る頃は苦味が多少入ってます)

 函館のいかもとても美味しかった!いかの丸焼きのワタを焼いたのが絶品でした。



北海道への交通 北海道での交通


フェリーは新潟航路(新日本海フェリー)が一押し
函館〜青森路線は小さいフェリーで、揺れたし、装備も大貧弱でした。
航路も短いのに 小樽〜新潟と料金がさほど変わらないのが不思議。

解りきった事ではあるが、郊外に行くとガソリンスタンドが無いので結構気を使ってまめに給油をした。
全体的に高めかな・・(道北では関東より20円も高い・・ガソリン並の価格であった)
道路は郊外部では快適そのもの、積雪時期の為だろう、路側帯をかなり広くとってあり、心理的にも快適な運転が出来る。
地元ナンバー車は凄いスピードで追い抜いて行くので注意。

観光地、市内とかは、さほど関東と変わらない雰囲気、信号もありそれなりにペースダウンする。
今回の工程中、パトカーに止められた車を見たのは5台程、税金納入ご愁傷様である。
二車線でも無いのに二台平行して走るケースを何度と無く経験した。 この辺りは戸惑った。
あと、道路の信号機は積雪の重さに耐えられる様、北海道は縦についている。これは不思議な光景だった。
郊外部は信号は殆ど無いので十勝型事故に注意・・突然優先道路へ合流なんてのがあるのでスピードの出しすぎに注意。


北海道旅行

6/21一路小樽へ向け新潟より出航6/22小樽-積丹-小樽6/23小樽-天塩6/24天塩-幌延-稚内-兜沼 6/25兜沼,美深,トロッコ王国,サロマ湖6/26サロマ湖 知床 虹別6/27 虹別 釧路湿原6/28釧路湿原 厚岸 6/29釧路湿原-林道6/30 釧路湿原-富良野7/01富良野7/02 富良野-美瑛7/03美瑛-支笏湖(美笛) 7/04支笏湖(美笛)-登別7/05登別-洞爺湖-函館7/06 函館-青森-平泉(宮城)7/07平泉,松島,白石温泉(宮城)7/08白石温泉(宮城) 帰宅お礼 北海道旅行まとめ  費用報告

-Copyright © MORIMORI All RightsReserved.-

http://tabi.pmiyazaki.com

2001/08/29加筆更新
MORIMORI